調査依頼と面談について

探偵業をやっていると『依頼はしたいが、直接会いたくは無い』といった内容の相談をされることがあります。

面談を行ってご依頼頂きたいのは、依頼者様とのトラブルを極力減らしたい為でもあります。
これはご依頼者様にとっても有益な事が多いのですが、その内訳としては次のような理由があります。

直接顔を合わせないで契約を行ってしまうと、依頼者の存在が気薄になってしまう可能性がでてきます。直接面談によってご依頼者様との信頼関係を築き、双方ともに良い取引にしていくためです。

また、ご依頼には依頼料が発生しますし、どのような会社かは、面談を行うと人となりも良く解るので、本当に大丈夫かどうかを判断いただくためにも、積極的に面談を行うことをおすすめします。

ただ、やはり依頼内容によっては面談をどうしても行いたくない事もあるでしょう。その場合は、無料相談はお受けしているので、できるだけその点で面談についてご相談ください。

カテゴリー: 探偵日記(熊本) | コメントする

ルーティンと探偵

image

ラグビーの五郎丸選手などのスポーツ選手の話しで『ルーティン』という言葉をよく耳にします。

『ルーティン』とは決められた一連の動作や行動のことで、何もスポーツ選手に限ったことではありません。

探偵は素行調査の中で度々、この『ルーティン』と遭遇します。

あるサラリーマンであれば、朝会社に7:30のバスで出勤して、仕事ではプリウスを使用し、曜日ごとのお客様を回り、会社に戻り、帰りは自宅近くのローソンに立ち寄るなど…多くの人がルーティンの中で生きています。

この様な毎回同じ連続した行動を見ていると、なんだかこの人も色々大変なんだろうな…という気分になってきます。

一見、成功者のような人や幸せな環境にありそうな人が時折疲れた表情を見せたりすると尚更です。

探偵といえば、ドロドロしたものを探る印象をお持ちの方も多いと思いますが、人間の辛さや苦労、優しさや愛情に出会うことも多くあります。

肩入れや思い込みによる調査は勿論行いませんが、普段人が表に出さないこの様な人間の一面に出会えることはこの仕事のいいところです。

カテゴリー: 探偵日記(熊本) | コメントする

LINEストーカー急増中!

image

今やスマホを持っている人がほぼ使っているアプリといえばLINEです。LINEでわかるストーカーの特徴をご紹介します。
・既読スルーに敏感すぎる。既読催促をする。
・自分のツイッターの発言などを見るよう強要する。
・グループLINEからいきなり個人LINEに切り替えてくる。
・やたらとスタンプを連発してくる。
・一方的に長文を送ってくる。

危ないと思ったら即ブロックを掛ける事も大切です。
本来、便利で楽しくあるはずのLINEですが、トラブルや事件が多いアプリでもあります。安全な使い方でトラブルは回避したいものですね。

カテゴリー: 探偵日記(熊本) | コメントする

不倫と突然死⁈

昨年、イタリアのフィレンツェ大学の研究チームが不倫男性の健康へのリスクや突然死の危険性についての調査が話題になりました。

男性が不倫相手といる時に心臓悪化や突然死の発症件数は多いことが判明したそうです。
要因として、性欲が引き起こす脳梗塞やストレスや心臓発作があるそうです。

「妻を愛していない」と回答した人よりも、「不倫はしているが妻のことを愛している」と答えた人のほうが心臓病のリスクが高いことがわかったそうです。
裏切りの罪悪感が健康に悪影響なのでしょうか。

やはり、精神と肉体は深く結びついているということですね。

タバコのパッケージにタバコの害を記したように、コンドームのパッケージにも不倫の害を記してみたらどうでしょう。
image
『不倫は、あなたにとって心臓病や家庭崩壊の危険を高めます』って。

カテゴリー: 探偵日記(熊本) | コメントする

いじめ 悪口と暴力

いじめ問題解決

川崎市川崎区の多摩川河川敷で昨年2月、中学1年生の上村遼太さんが刺殺された事件で、殺人と傷害の罪に問われたリーダー格の少年(19歳)の裁判員裁判第3回公判が開かれました。

昨今、いじめを原因とする残忍な殺人事件が多発しています。

平成27年ア3月に発表された北海道札幌市教育委員会が小中高合わせて13万7721人に行ったいじめに対する調査です。

札幌市教育委員会によれば、いじめの被害を受けたことのある生徒に対して、イジメの主な方法が何であったか質問した所、
◎1位『悪口』
小学生…55.9%
中学生…65.5%
高校生…53.5%
この結果から、いじめの方法の約半分を悪口が占めていることがわかります。特に中学生の数値が高く気になります。

◎2位『暴力』
小学生…42.6%
中学生…23.5%
高校生…15.6%
この結果から、暴力によるいじめは小学生に最も多く、次第に数値が下がって行く傾向がわかります。
心と体の成長が進むにつれて安易な暴力はふるわなくなる一方で、高校生100人中15人超の人が暴力によるいじめを受けている現状は放っておけません。
小学生の暴力と高校生のそれでは危険度、残虐性など比較になりません。

いじめの事実を親に相談することは、思春期に突入しはじめるにつれて殆どなくなります。
いじめられている事は恥と感じはじめてしまう心理が働いてしまいます。
しかし、暴力行為によるいじめを相談出来ない事は生命の危険に関わるため、なんとしてもいじめ問題を解決する必要があるでしょう。

カテゴリー: いじめ問題(イジメ) | コメントする

仕事終わりのご馳走

昨夜、社長からブリのブロックをいただきました!
当社の社長松本は釣りが趣味なので釣りたての新鮮ブリです!!

帰宅が遅かったのですが刺身でいただきましたよ。

image

うまい!うまい!!うまい!!!
ビール買って帰れば良かった(T_T)

朝から息子も刺身と白米を食べてました。
贅沢な朝食です。

今日は残りをブリしゃぶにしようと思います。
ビールも忘れずに買わなきゃですね( ^_^)/~~~

カテゴリー: 探偵の食事 | コメントする

レシートの名前は必要?

今日、熊本の某スーパーで買い物をしたら、レシートに店員の名前が入っていました。
あまり気にならないし、知らない人も多いかも知れないが、これがストーカー問題につながっていることもあるそうです。

お店からすれば、名前を入れることでお客さんの安心感につながるのではないかと考えているらしいです。実際にそのような効果もあるでしょう。名前を知るということが、心理的に安心感を与えているのではないかと推測しているそうです。

また、お客さんに名前を知られているというのは、従業員に抑制力を与え、お客さんからしてもある種の証拠的になります。最近は運送系のトラックにも名前があります。あれも運転マナーアップに一役買っているとかいないとか‥

しかし、この世の中安易に名前が分かってしまうのが危険なことも増えてきました。

店員の親切を好意だと勘違いし、つきまとってストーカーになるケースもあるらしい。以前テレビでは、このような勘違いから生まれる「高齢者ストーカー」 10年間で4倍に増加したと言っていました。

なんだか、そんなことにまで気を使わなきゃならない世の中も嫌になりますが、事が起きてからでは済みません。やはり、時代の変化に合わせて変えるべきものは変えていかなくてはいけませんね。

カテゴリー: いじめ問題(イジメ) | コメントする

熊本の探偵と人気者

駅や空港で張り込みをしていると熊本を訪れた人が彼と写真を撮る風景をよく見かける。

熊本にいると毎日何処かでお目にかかるので正直よくわからないが、彼は郷土の象徴であり、今尚人気者のらしい。

私と彼との出会いは、今はなき「三角ショッピングセンター」である。今から10年近く昔だったと記憶している。

今では人気者の彼だが、出会ったころは誰も彼を知らずに「誰?(何?)」という視線を向けられていた。

熊本のマスコット

「くまモン」である。

2010年に「新幹線くまもと創りプロジェクト」(新幹線元年戦略推進室)がPRで発表したのが「くまモン」である。

しかし、このショッピングセンターではそのはるか昔から壁一面に描かれていた。(実施テスト?)
その為、現在県が義務付ける申請番号もない。
なぜ10年近く昔にスーパーの壁面にでかでかと描かれていたのか謎である。

カテゴリー: 探偵日記(熊本) | タグ: , | コメントする

熊本の探偵とマツダ車

最近、調査をする中でマツダ車を見かける事が多くなったきがします。

好き嫌いが出やすい車のデザインですが、最近のマツダ車はカッコイイなと感じていました。実際に「CX-5」「デミオ」「ロードスター」の3台が、日本カー・オブ・ザ・イヤー(COTY)に輝いています。

偶然webの記事で読んだのですが、マツダの車両がカッコよくなったのには理由があるそうです。

自動車業界は2009年のリーマンショックで大打撃をうけました。マツダも例外なく打撃をうけたのですが、その状況でマツダは敢えて攻めの精神で挑んだそうです。

製造している全車のデザインの革新とエンジニアリングによって改革を行いました。

その中で秀逸なデザインとスカイアクティブテクノロジーが生まれたそうです。

image

ピンチを努力で乗りきったものにだけ、新しい世界があるのだと感じました。

探偵の世界も技術の発展とともに、また法改正とともに新しいことにチャレンジしていかなくてはなりません。

未来を見据えてチャレンジできる人になりたいです。

カテゴリー: 探偵日記(熊本) | コメントする

浮気率ランキングと熊本探偵

以前話題になったアンケート調査結果です。

 

_20160106_000449

 

都道府県別「浮気率」調査の結果です。
日本の夜の営みを支える相模ゴム工業が全国47都道府県の20~60代男女を各300人、合計1万4,100人を対象に行ったアンケート調査の結果です。

 
恐らく、国内最大級の調査でしょう。

 
熊本県はなんと6位です。

 
浮気が多い理由はわかりませんが、熊本県は他にも…

 

 

性生活満足度ランキング4位
初体験年齢ランキング7位
経験人数ランキング6位
1ヶ月のSEX回数ランキング4位

 

 

など性に関するランキングでほとんど入賞を果たしていました。

 

 
熊本の地域性、気候や都市環境、人口、その地域の発展性など何らかが関係しているのでしょう。

 
なんだか複雑な気分です。もちろん、全てに当てはまる訳ではありませんが数字はは嘘をつきません。

 
ちなみに、浮気率ランキングの低い方の1位は秋田県で15.4%。こうも開きがあるのは驚きです。

 

 
浮気や不倫のきっかけは其処ら中にあるということを知るというのも危機管理のひとつですね。

カテゴリー: 浮気 | コメントする